green

2020

シングルチャンネルビデオインスタレーション

– HDビデオ、カラー、音声、植物育成用LEDライト、レタス、単管パイプ等

11分30秒

-


green

Installation view at Isama-mura /green

green

Installation view at Isama-mura /green

green

Installation view at Isama-mura /green

green

Installation view at Isama-mura /green

green

Video still /green

green

Video still /green

green

Video still /green

green

Video still /green

green

Video still /green

green

Video still /green

green

Video still /green





“green”は野菜、特に中之条町六合の伝統野菜に焦点を当てながら、植物にとって環境はどう知覚されているか、生態学の観点から想像する作品である。

伝統野菜とは、ある地域に伝わり、何世代もかけて選抜されるうちにその土地の性質と気候、また栽培農家自身の好みに合うように固定された野菜の種類である。

それは栽培植物と人間との間の特に密接な関係を体現するとともに、それ故に人間の都合—消費者の好みや、生産者の高齢化—や気候の大きな変動のなかで絶えてしまいかねない危険のなかにある。

映像作品は、六合の伝統野菜である花豆、入山きゅうり、幅広いんげんを栽培する山口農園のオーナーである山口秀義氏と、群馬県立自然史博物館の学芸員大森威宏氏の二者が、それぞれの視点から植物について話すインタビューと、工場での植物栽培に使用されるLEDライトを用いた実験の映像で構成される。インスタレーションではLEDとともに映像をレタスの苗棚に照射し、レタスの苗は映像の光を使って育った。


協力: 中之条アーティストインレジデンス
助成: 公益財団法人 小笠原敏晶記念財団

-