The Heaviness of the Weightlessness

2019

シングルチャンネルビデオインスタレーション

– HD ビデオ、カラー、石

18分

-


The Heaviness of the Weightlessness

Installation view at RAW Labs /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Installation view at RAW Labs /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Stone Artefacts /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Stone Artefacts /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Stone Artefacts /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Installation view at RAW Labs /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Installation view at RAW Labs /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still /The Heaviness of the Weightlessness

The Heaviness of the Weightlessness

Video still/The Heaviness of the Weightlessness





“The Heaviness of the Weightlessness”は自殺の名所として知られる、イギリスのある白亜の崖を考察する作品である。作品はその場所から拾った石(チョーク)と映像で構成され、その崖の悲劇の舞台としての一般的な認知、それを作り上げてきた文脈に対置するための時間と場所を作り出すことを試みる。

映像は、崖自体の視点として、それがその表面に感じることができるかもしれない触覚や重さ、その負荷による痛みを想定し、目に見える崖の物理的なダメージを描写していくことで、それがこれまで耐えてきたもの—崖が位置する自然環境による風化と侵食、観光客の往来も含めた人間によるインタラクション—による、想像上の痛みを描き出そうとする。そして、飛び降りた者と崖の双方に同時に感じられたであろう衝撃と痛みを媒介に、バックグラウンドであった崖の視点から、過去にその場所で起きてきた出来事へと視点を橋渡しする。

鑑賞者は映像を鑑賞しながら石の重さを図り、触ることをうながされる。チョークのもろい表面が鑑賞者のインタラクションによって剥離し、映像に描かれる崖のダメージと重なること、また手についた白い粉が鑑賞後もとれないことなど、鑑賞体験の組み合わせについても試みている作品である。


With support of: Centre for the Study of Substructured Loss

-