Homeland

2020

シングルチャンネルビデオインスタレーション

– HDビデオ、カラー、オオキンケイギク

6分33秒

-


green

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Video still /Homeland

Homeland

Installation view at Viento Arts Gallery /Homeland

Homeland

Installation view at Viento Arts Gallery /Homeland

Homeland

Installation view at Viento Arts Gallery /Homeland





“Homeland”は、2020年5月20日から7月17日の間に作者によって撮影された、オオキンケイギクの写真のスライドショーである。過去に道路や河川の緑化のために大量に導入され、今でも道路脇や個人宅の庭にふつうに見られて親しまれているこの草花は、2006年に特定外来生物に指定されており、栽培や生きている状態での所持等を法律により禁止されている。法律の周知が行き届いておらず、今なお施行以前のように育てられていることも多い。

撮影時は新型コロナウィルスへの予防措置として、第一回目の緊急事態宣言が施行されていた。作家は同時期にイギリスから帰国し群馬県に滞在しはじめたが、それは外国や他県など、外側から来るものがウィルスと結びつけられ、排除しようとする向きが社会的に高まっていた時期でもあった。 故郷に馴染んで繁茂しているオオキンケイギクに共感を見出しながら、すでに在来種と同じように自生し、特定外来生物と表示されなければ愛でられてもいるオオキンケイギクの実態の記録を通して、山田は何が在来とされ、内側のものであると決めるのかを問いかけている。


*オオキンケイギクは、北アメリカ原産のキク科の多年草本である。1880年代から観賞用に日本へ持ち込まれはじめ、のちに河川敷の緑化等のため大規模に導入されたが、その繁殖力により、日本に在来のカワラナデシコなどの植物の生育を脅かすとして、2006年2月に特定外来生物に指定された。

-